シンポジウムに展示ブースを出展(京都)



こんにちは、代表の根本です。


2017年03月26日(日)に、京都腎臓病総合対策推進協議会の主催により開催された「第42回 腎臓病の総合対策の確立をめざすシンポジウム」に展示ブースを出展いたしました。


このシンポジウムでは、島根大学医学部付属病院 腎臓内科 診療教授 伊藤孝史先生と、京都透析食研究会 副会長 澤村敦子先生がご登壇されました。伊藤先生は、「笑って心も体も健康に」をテーマに笑いと体の関係についてお話されました。澤村先生は、「適塩しよう〜適切な塩分量の摂取を心がけ、健康寿命をのばそう!〜」をテーマに食にまつわるお話をされました。


当協会が出展したブースでは、「塩味感応度チェック」をご用意しました。ご体験いただいた

みなさまからは「初めてやってみたけど、楽しいね」というお声や、「これまたやってみたいわ」というご感想をいただき、ご自身の味覚について興味をもつきっかけをご提供させていただきました。


当協会オリジナルの、「おいしいレシピコレクション」もご案内しました。ソルトコントロールの説明が記載されているパンフレットもご用意し、興味をもってくださる多くの方に直接手渡しさせていただくことができました。


このようなシンポジウムにこれからも積極的に参加し、ソルトコントロールの普及に

つとめて参ります。

SALT with

SALT WITH

バナー1500円.png
  • facebook 一般社団法人日本塩分管理支援協会
  • Twitter ソルト博士
  • Instagram ソルコンレシピ
  • Instagram ソルコンレシピ

プライバシーポリシー  プレスキット(準備中)

一般社団法人日本塩分管理支援協会

All rights reserved.

Copyright © 2020