• Twitter 一般社団法人日本塩分管理支援協会
  • Instagram 一般社団法人日本塩分管理支援協会
  • YouTube 一般社団法人日本塩分管理支援協会

プライバシーポリシー  プレスキット(準備中)

一般社団法人日本塩分管理支援協会

All rights reserved.

Copyright © 2019 

協働プロジェクト

COLLABORATION PROJECT

自治体・法人・団体・研究機関の皆様へ

よりよい塩分管理の環境を目指して

わたしたちと協働しませんか?

よりよい塩分管理の環境とは?

教育

​誰もが必要な知識を持っている

プロダクト

必要な商品​・サービスが十分にある

人的サポート

人的支援体制が整っている

協働の方法

ケース1

自治体

「塩の学校」の共催

・ヘルスプロモーションの共同企画​

・地元企業と新商品の共同開発​ など

ケース2

法人・団体

・イベントやセミナーの共同開催

​・顧客インサイトに基づく新商品の共同開発

​・健康経営の取り組み など

ケース3

健康保険組合

・新しい健康支援事業の共同開発

・組合員の家族向けサービスの共同開発

・一次予防啓蒙イベントの共催 など

ケース4

研究機関

・塩分摂取と健康に関する共同研究

​・塩分摂取と筋力パフォーマンスの共同研究

・キャラクター使った食育の共同研究 など

素晴らしい未来を創るため

皆様の力をお貸しください!

パートナーとの取り組み事例

  商品開発  /  ソルトコントロールグッズ  

ソルトコントロールの実践に役立つ

サポートグッズの開発

ソルトコントロールをしっかりと継続していくためには、様々なグッズやサービスが欠かせません。しかし、「必要なものがまったく足りていない」というのが現状です。

簡単にソルトコントロールができるサポートグッズや、手軽に使えるサービスの開発に力を入れていく必要があります。

必要とされているものをきちんと届けられるよう、多様な方々と協働し、新しい未来を生み出していきたいと思っています。

これまでに開発してきたグッズはコチラでご覧いただけます。

  商品開発  /  商品ラベル  

カクレジオを使った

塩分量が見やすい商品ラベルの開発

「つい」見てしまう、人の特性を活かした商品ラベルです。

ソルトコントロールで最も重要なことは、摂取塩分量を正しく把握することです。このラベルは「大さじ1に含まれる塩分量」をパッと把握できるため、調理の際の塩分管理がとてもしやすいという利点があります。また、カクレジオを使うことで、塩分に対する興味関心を喚起できるのも特徴のひとつです。

更に、「減塩」という文字を使っていないっため「味に対するイメージを悪くしない」という大きなメリットもあります。​​

  研究開発  /  味覚感応度評価キット  

手軽に使える

塩味感応度判定キットの開発

わたしたちは研究開発にも力を注いでいます。現在、医療機関などと一緒に取り組んでいるのが、今までにないまったく新しい「塩味感応度評価キット」の開発です。

これまでは、塩味の感応度を「客観的かつ定量的」に判定することはできませんでしたが、本キットではその壁を突破すべくチャレンジをしています。塩味の次は「甘味」の感応度にも挑戦する予定です。

本研究内容に関しては、論文として医学系ジャーナルなどへ投稿する予定です。

当協会の代表2名が
一緒に取り組みます!

代表理事

(詳細プロフィールはリンク先をご覧ください。)

共同代表 兼 チーフクリエイター

(詳細プロフィールはリンク先をご覧ください。)

協働開始までの流れ

 STEP1 

 STEP2 

 STEP3 

 STEP4 

 STEP5 

  注意事項  

お問い合わせ

コチラからお問い合わせください。

初回面談

当協会事務所へご来訪いただくか、

ZOOMを使用します。

ご検討

​パートナーシップ契約締結

​協働プロジェクト始動

​プロジェクトの内容によって

費用は異なります。

塩分管理がしやすい未来を

一緒に創りましょう!